DengonNetからのお知らせ

紙面に関するなど、DengonNetからのお知らせです。

ついに開幕! 全豪オープン その1 錦織選手快勝

本日1月18日、テニスの全豪オープンが開幕! 

伝言ネット編集部が1日メディアパスをゲットして、朝から会場に繰り出してきました。

まずは朝10時の開場前に、大会会場にトロフィーが到着。

 

 

 

 

 

 

いよいよ開場! ゲートが開くとともに、たくさんの人が入ってきました。

 

 

 

 

 

 

今日は錦織選手が、Hisense Arenaの第一試合に。

まずは席を確保のために、コートへ急げ!

日本人のサポーターの皆さん、開場とともに走って よい席を取られた方も多かったよう。

 

 

 

 

 

 

錦織選手、7回目の全豪オープン出場です。

試合前「四大大会で一番好き」と言っていた全豪、

1試合目の相手はドイツのコールシュライバー選手(世界ランキング34位)。

 

 

 

 

 

 

写真提供: 塚越亘(←錦織選手を幼少の頃から追い続けてきたジャーナリストの塚越さん、

今回伝言ネットに特別に写真を提供してくれました! 塚越さんが長年撮りためた錦織選手の写真を

多数収めた本錦織圭さらなる高みへ昨年発行以来、大好評発売中! 皆さん是非1冊どうぞ!)

 

最高気温36度の夏日、コート内もどんどん気温が上がって行きますが、

錦織選手は終始落ち着いたプレーで、相手に一度もブレークさせず、

6-46-36-3のストレート勝ち! 2時間もかからずに試合は終了しました。

錦織選手の素晴らしいプレーが随所にあり、

観戦者としても見ていてホントに楽しい試合でした。やったね錦織選手!

 

試合後の記者会見では、「もっと競れるかと思ったけど」と言いつつ、

「サーブが良かった」となごやかな表情で答えていました。

次の試合は、アメリカのクライチェック(103位)。

実はこのクライチェックと錦織は、錦織選手の若い頃からの友人。

一緒に日本食も食べたことがあるほど仲良しなのだそう。

「友人と四大大会で試合をするのはハードじゃない?」という記者の質問に

「その通り。友達と試合をするのは、トップ10プレーヤーと戦うより大変」。

 

 

 

 

次の試合は明後日20日(水)。時間は大会のサイトでチェック! 

今大会、日本人選手も多数本戦出場します。     (続く)